クリスチャン活動レポート

衆議院議員土肥隆一のクリスチャンとしての活動紹介レポート
by doiryuu3
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クリスチャン議員 土肥隆一衆議院議員(民主党)に聞く

「日本の政治の今、これから」
第1回 第3次小泉内閣-「ポスト小泉」は安倍氏? 小泉首相再選も?


クリスチャン議員として、国会で活躍しておられる
民主党の土肥隆一衆議院議員(日本キリスト教団和田山地の塩伝道所牧師・
民主党倫理委員長)に、第3次小泉内閣について、靖国神社参拝問題について、
国会祈祷会や韓国の国会議員とのかかわりなど、
国会でのクリスチャンとしての活動について、伺いました。
5回に分けて、お送りいたします。
今回は、まず、総選挙の自民党圧勝を背景に組閣された第3次小泉改造内閣について、
組閣の翌日11月1日、衆議院第1議員会館の土肥隆一議員の執務室に伺い、
お聞きしました。(インタビュアー・社会部記者)

Q、昨日、10月31日に内閣改造があり、第3次小泉内閣がスタートしました。
これについてお聞かせください。

A、今度の第3次内閣は、来年9月自民党の総裁選挙で任期が終わります。
小泉さんは本当に辞めるのでしょうか?辞めないのではないかという説もあります。
 根拠は、次の選挙は参議院定例選挙、また統一地方選挙があります。
参議院議員候補者が、次の選挙のことを非常に気にしています。
参議院では自民党は現在114議席(全体242議席)で今回の衆議院選挙
(小選挙区、ブロック比例)のような事態は生じない(各県選挙区選挙それに全国比例)
ので、どうしても「小泉的総理」の効果が求められるのです。
その次は再び総選挙です。初めて当選した小泉チルドレンがいます。
小泉氏が首相の座を降りると「ゴッドファーザー小泉」はただの人になります。
彼らは途端に自民党という大海の中に放り込まれ、途方に暮れるわけで彼らこそ
小泉政権継続を求めます。
そうなると来年の自民党大会は小泉コールの歓声に包まれるのではないでしょうか。
 小泉首相は次の総裁選挙に出ないと言っていることを前提にすれば、
ポスト小泉は官房長官の安倍晋三さんが本命だと思います。
官房長官は1日2度、記者会見をして、内閣総理大臣の意向など伝えます。
毎日2回、安倍晋三氏がマスコミの前に出てくるわけですから、
顔を売る絶好のチャンスということになります。いわば次期総理の修行を積んでいるのです。
その意味で安倍氏が一歩抜きん出たというべきです。
 谷垣禎一財務相、麻生太郎外相という次期総裁候補がいますが、
安倍晋三官房長官が候補者として一歩先行しつつ、
来年の9月、安倍さんでいけるかどうか。
その試金石は、国民の人気次第ということになるでしょう。

Q、首相、自民党総裁を決めるのは人気ですか。

A、これからは政治はすべて人気次第だということです。
政治家のパフォーマンスとマスコミの支持が不可欠です。
小泉氏はそれを如実に示したのです。
そして、こうした政治家、首相は再び出現することはまれといえます。
来年9月の首相の切り替え時期に、
「小泉さんでないと困る」という声が上がる可能性が考えられる。
任期は3年なので、総理の座7年5カ月になります。
 また、小泉チルドレンの面倒も見なくてはいけません。
小泉さんがいなくなると、何をされるか分かりません。
今回の選挙はたくさんの恨みつらみを重ねてきた選挙でした。
35~36名の「刺客」が送られ、現職のベテラン議員のうち議員を断念した方、
自殺した方もいらっしゃいます。
それくらいのことをやってきた結果、議席を奪う側に立った数十名の小泉チルドレンが
これからも政治の荒波の中で漂流するわけです。
恐怖の生き残りを果たさなければならない。来年9月は何があるか分かりません。
もう1度小泉コールが起これば、再び小泉さんを首相に起用という可能性も
十分にあり得ます。そうなったら、完全な小泉王国が出現するでありましょう。
小泉首相は、ラストエンペラー(最後の皇帝)のような役回りをしていますが、
「ラスト」がもう3年延びたらまさに「エンペラー」になるのではないか。
 暗黒政治、強権政治が到来するという不安感を深刻に抱いています。(続く)

                  み声新聞2005年11月20日号(第338号)掲載
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-11-16 09:41

第9回国会祈祷会開催

第9回国会祈祷会が、10月19日(水)午前8時より、
30名以上の皆さんが参加して、衆議院第1議員会館第3会議室で開かれた。

国会議員は、衆議院議員土肥隆一、自民党の石破茂衆議院議員が参加した。

聖書朗読、開会祈祷、メッセージ(石破茂衆議院議員)、
国会クリスマス晩餐会の祈祷課題、
代表祈祷、主の祈りと続けられた。
参加者の自己紹介のあと、
11月30日(水)に開催される、
国会クリスマス晩餐会について経過報告がなされた。

次回の祈祷会は11月16日(水)に開催される予定である。
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-10-19 16:23

土肥隆一「郵政選挙」を語る

キリスト教社会思想系譜から国家形成にも貢献を


第44回総選挙は小選挙区では私は敗北、そして復活比例の当選で終わった。
自民92、556票、私が87、182票、その差5、374票である。
私は過去3回の小選挙区選挙(その前の2回は中選挙区)で勝ち、
かつ相手の比例復活を許してこなかった。
それではなぜ今回敗北したのか。
原因は初動の見込み違いと公明の自民へのほぼ全面的協力(約3万票)によるハンディ、
そして「郵政民営化」という怒涛のように迫りくるハリケーンに抗し切れなかったからである。

最大の敗因は、小泉流総選挙の「仕掛け」(策謀)にすっかり乗せられた選挙となった事だ。
国会で否決された「郵政民営化法案」を「国民投票」にかけるという前代未聞の選挙である。これ1本で総選挙をするとは誰も考えていなかった。
1つの法案が否決されたら、反省して、出し直すのが普通である。
郵政民営化反対派がこれで血祭りに挙げられるとは、
これまでの議会制度にあって考えもしなかった。この常識が破られた。
自公密着の中での与党327議席は480議席の3分の2、320議席を7議席上回ることとなる。
これでいかなる委員会の委員長も確保でき(絶対安定多数)、
いかなる法案も議決され、憲法改正も視野に入ってくる。
自公327体制は次回総選挙まで長期に残る。
2年後の参議院通常選挙(半数改選)があるが、すでに参議院自民党は白旗を揚げて、
小泉に恭順の意を表している。
ドラスティックな変化があったとしても衆議院で必ず可決される。

日本がもつ構造的諸問題は山のようにある。
政府・地方の国債発行による借金が1000兆円もある。
国民の総資産が1200兆円であるから、あと200兆円は借りられる(郵貯の民間銀行化も
そこにある)と考えているのか。
この対策、減らす方法はあるのかと考えると、実は有効な手はないのである。
小泉首相もこの選挙でも一言も言わない。
少子化社会は人口減少化を加速化させる。深刻な問題である。
支える側、あらゆる負担に耐えていく側の人間が減るということは、
それだけ社会力、国家力が衰え、社会の不安定さを必ずもたらす。
社会の基礎構造が崩れかけているのである。

信仰の世界から見ても、これからは緊張して政局を見ていく必要がある。
宗教は社会的安定なくしてその活動はできない
(宗教が政治改革の担い手になるというなら別だが)。
終末論的思考傾向は社会不安がもたらすものではなく、並立するものでもない。
社会、政治に連動しながら、社会のあるべき姿を介して、
それが人間の内面的危機感から生まれるという独特の発言が問われるべきである。
そこに政治側の特別な視点が求められている。

しかし、それが根底に流れれば凄まじいばかりのテロ集団化するであろうことは
イラクを見てもわかる。
政治や国家はあくまでも国民生活を保持、維持(sustainable society)していくことを
最大の使命と考えるべきで、国家や政治に特権的、権力志向、構造が見えたときは、
教会は重大な決断をしなければならない。
課題が多いだけに解決方法が難しいときに、政党や国家はそのヴィジョンを示し、
方向性をめぐっての思想作りから始めなければならない。
キリスト教社会思想の系譜からの発言も活発に行い、国家形成に貢献すべきと考えるが。

(クリスチャン新聞2005/10/2号掲載)
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-10-03 10:26

第8回国会祈祷会開催

第8回国会祈祷会が、開催された。

9月21日(水)午前9時より、
50名以上の参加者を集めて、衆議院第1議員会館第3会議室で開かれた。

国会議員は、衆議院議員土肥隆一をはじめ、木俣佳丈参議院議員が参加した。
また、藤田幸久元衆議院議員も参加された。
司会を宮坂雅夫氏がつとめられ、
聖書朗読、開会祈祷、メッセージ、
グループでの祈祷、
代表祈祷、主の祈りと続けられた。
最後に、参加者の自己紹介、
休憩後は、名刺交換等も行われた。

次回は10月19日(水)に開催される予定である。
なお、国会祈祷会クリスマス会が11月30日(水)18:30より
キャピトル東急ホテルで開催される運びとなっている。
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-09-21 12:52

第5回国会祈祷会開催


第5回国会祈祷会が、
6月15日(水)午前8時10分より、
40名以上の参加者を集めて、衆議院第1議員会館第2会議室で開かれた。

国会議員は、土肥隆一をはじめ、
ツルネン・マルテイ参議院議員夫妻、木俣佳丈参議院議員が参加した。
司会を姫井雅夫牧師がつとめられ、
聖書朗読、開会祈祷、
土肥隆一によるメッセージ、
グループでの祈祷、
代表祈祷、主の祈りと続けられた。
最後に、参加者の自己紹介、
休憩後は、名刺交換等も行われた。

次回は7月13日(水)に開催される予定である。
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-06-15 10:16

『永田町&霞ヶ関で働くクリスチャンによる「イースターを祝う会」』開催

b0028215_9442465.jpg
4月5日(火)午後7時から、土肥隆一の呼びかけで、
永田町や霞ヶ関を中心に働くクリスチャンが参加して、
クリスマスとともにキリスト教の二大祝祭日であるイースターを祝う会が、
千代田区平河町のホテル・ルポール麹町(旧麹町会館)において、 行われました。

この会は、カトリック、聖公会、プロテスタントの区分けをせずに
超教派、超党派で運営されました。
   
当日は、国会議員では、土肥隆一、衆議院議員山田正彦氏、同藤田幸久氏、同今野東氏、
参議院議員ツルネン・マルテイ夫妻、
そして、永田町・霞ヶ関で働く皆さん30名あまりの方が出席されました。

はじめに、土肥隆一からのメッセージが伝えられました。
その後、食事会、歌や、参加者からの自己紹介などが行われ、
楽しく、暖かい雰囲気の中で、イースターを祝う会が続けられました。
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-04-07 09:45

第3回 国会祈祷会

3月16日(水)午前8時から、第3回国会祈祷会が、
30名以上の参加者を集めて、衆議院第1議員会館第2会議室で開かれた。

国会議員は、土肥隆一をはじめ、
藤田幸久衆議院議員、ツルネン・マルテイ参議院議員が参加した。
聖書朗読、代表祈祷、主の祈りに続いて、グループでの祈祷、
参加者の自己紹介も行われ、盛会のうちに終了した。

散会後、参加者の名刺交換等も行われた。
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-03-16 13:04

第2回 国会祈祷会

2月16日午前8時より、衆議院第1議員会館第3会議室において、
第2回 国会祈祷会が開催された。
土肥隆一、ツルネン・マルティ参議院議員、木俣佳丈参議院議員をはじめ、
40名を超える参加者をえた。

冒頭のお祈りの後、土肥隆一が国会の状況をのべ、
様々の国内外の問題をかたり、主に守られ祝福されますようにと祈り、
その後、グループに別れ、それぞれが祈りを捧げた。
次回は3月16日に開催される。

               記

第3回 国会祈祷会
日時  3月16日(水) 午前8時~9時
場所  衆議院第1議員会館 第2会議室

ご参加の方は、7時45分までに、衆議院第1議員会館ロビー集合
[PR]

# by doiryuu3 | 2005-02-16 15:46

「国会祈祷会」

「国会祈祷会」の開催へ向けて クリスチャン新聞掲載記事より(要旨)

 「すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、
祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい」(Iテモテ2・1)。
現代の世界と日本を思い、国政のため、国会議員のために祈る「国会祈祷会」が再開される。

10月20日、再開のための準備会が午前8時10分から東京・千代田区永田町の衆議院第
一議員会館会議室で開催された。
 国会祈祷会は1960年、十字架委員長と呼ばれた河上丈太郎日本社会党委員長、
初の牧師国会議員西村関一参議院議員、聖隷福祉事業団創立者長谷川保衆議院議員ら
が中心となって始まった。(中略)
 一昨年の87回まで竹村泰子元参議議員の会館自室で開催されてきた。
しかし、01年に竹村氏が落選。
その後一度、土肥隆一衆議院議員に引き継がれたが、諸般の事情で途絶えていた。
今回の再開は土肥氏、木俣佳丈参議院議員が中心となり、クリスチャンが国政のために
祈らなければならないという迫りを感じた人々によって始められた。

 再開するにあたって土肥氏は、民主党憲法調査会が6月にまとめた「創憲に向けて、
憲法提言中間報告」が、将来の日本の国のかたちとして「一神教的な唯一の正義を振
りかざすのではなく、多様性を受容する文化という点においては、日本社会に根付い
た多神教的な価値観を大いに生かすことができる」と明記したことにふれ、「こんな
ことを憲法論議の前提にすることは許されない。私はこれに抗議して撤回削除させま
した。このような時代状況の中でクリスチャンの議員の役割は大きい」とあいさつ。(中略)

  その後、各政党の議員が主に守られ祝福されますように 様々の国内の問題、ま
た、テロ、イラク、北朝鮮などの国際間の一つひとつの問題に主の知恵と導きが豊か
に注がれ、ベストな解決の道が開かれますように 衆・参両院の議員のため、国政の
ために祈る人々が増し加わりますように、と参加者が3、4人のグループに分かれて
祈り合った。
 最後に奥山実氏(第3世界宣教団体協議会会長)、姫井雅夫氏(日基教団・赤坂教
会牧師)、市村和夫氏(インターナショナルVIPクラブ代表役員)が代表祈祷した。
 新たに始まった国会祈祷会は国会開会中の毎月第3水曜日に開催され、第一回祈祷
会は11月17日に行う。

  (クリスチャン新聞2004年11月21日号より)
[PR]

# by doiryuu3 | 2004-11-17 16:16

書評  『神様がくれた弱さとほほえみ』(西村隆著・フォレストブックス)

 「御言葉はあなたの近くにあり、あなたの口、あなたの心にある」(ローマ10・8新共同訳)
西村隆君が左足の親指1本でこの本を書きました。
この本の書評を書くことはできない、というのが私の本当の気持ちです。
彼の語りかけはやさしく、ユーモアに富み、人間の最も重い課題である「生と死」について語ります。

 私と彼との関係は、福祉を志す出発点となる神戸聖隷福祉事業団への就職及び
私の牧する和田山地の塩伝道所活動への参加、そして福祉の現場のただ中での発病と退職、
それから今日までの関わりというそれだけの理由でこの本について語ることが許され
るのであろうと考えます。

 体の機能のすべてを奪われ、しかも知的活動が完全に残り、余命すら宣告されると
いう生き方が可能なのでしょうか。
かれはその可能性について語っているのです。
当然のように彼は自分の信仰について語ります。
キリスト者が自分の信仰を語るとは、このように語るものであると教えられました。
彼の思考力と精神はかみそりのようにとぎ澄まされるのです。
この極限状態から語られる言葉は彼ただ1人のものですが、
彼はまた読者に向かって、あなたも語ることがゆるされていると語りかけるのです。
それは人には誰も存在をゆるされており、従って存在価値があるのだ。
人はすべて固有の人生があり、ドラマを持つがそれは決してその1人のものではないと。

 私たちは生と死の狭間で、きわめて困難な問題解決の道を模索しています。
この本で、彼との対話の中で、その難題に取り組むことができるのです。
早く読んでください。彼もあなたとの「生きた対話」を望んでいるからです。

                   日本キリスト教団和田山地の塩伝道所 牧師 土 肥 隆 一

                            (クリスチャン新聞2004年9月19日号掲載)
[PR]

# by doiryuu3 | 2004-09-21 11:02